1. ホーム
  2. ボランティアセンター
  3. 災害ボランティアセンター

災害ボランティアセンター

災 害 情 報

現在、緊急情報はありません

災害ボランティアセンターの運営

守山区社会福祉協議会は名古屋市との協定により、災害時において「区災害ボランティアセンター」を運営し、一般ボランティアの需給調整を実施します。

防災のために

「防災ボラネット守山」の協力を得て、情報提供をしています

シリーズ1 住宅の耐震診断を受けましょう!

住宅の耐震診断を受けましょう!
無料でお徳です!!

昭和56年5月以前に着工した木造住宅が対象です。(建築後24年以上)
申込先:市役所建築指導課(TEL 972-2921)、区役所、支所、消防署へ

  • いつ起きてもおかしくないといわれている東海地震・東南海地震。
  • 防災の重要性は分かっていても、何も準備していない人が多い。
  • 阪神大震災では、約84%が家屋倒壊・家具転倒等による圧死。
  • インフルエンザの予防接種や人間ドックのように、住宅にも専門家の受診が必要ではないでしょうか?
  • 診断員は、市が指定した建築士の方々で安心です。
◆「倒壊の危険あり」診断されたら、「一応安全」までの補強工事費用に補助金が出ます。
・・・(工事費の1/2かつ上限60万円まで)
⇒愛知県の補強工事費の平均は、174万円とか・・・。
◆工事の工務店は、市役所、区役所にある「耐震改修工事研修会履修者名簿」などから選ぶと安心です。

シリーズ2 なぜ東海地震がいつ起きてもおかしくないのか?

なぜ東海地震がいつ起きてもおかしくないのか?
日本列島の太平洋側で起きる海溝型地震は、100年~150年周期で起こっていることが明らかとなっています。

  • そのうち、駿河湾から御前崎沖を震源とする「東海地震」は、大地震が起きずにすでに151年が経過しています。
  • 過去には、「東海地震」は、「東南海地震」や「南海地震」と連動して起きていることから、突然発生する今度の地震も、連動して起きる超特大の地震と言われています。
区 分 発生確率(今後30年) 地震の規模
東海地震 86% M8.0
東南海地震 60% M8.1
南海地震 50% M8.4
【参考】
区 分 発生年月日 地震の規模
阪神淡路大震災 1995. 1.17 M7.3
新潟県中越地震 2004.10.23 M6.8
福岡県西方沖地震 2005. 3.20 M7.0
スマトラ沖地震 2004.12.26 M9.0
パキスタン北部地震 2005.10. 5 M7.6
*マグニチュード(M)の0.2の差は、エネルギー量(規模)が2倍といわれています。
シリーズ3 事前の備えは大丈夫ですか!

事前の備えは大丈夫ですか!
平成17年12月24日11時01分に愛知県西部でM4.8の地震が発生しました。守山区では震度4が記録され、都市ガスがストップした住宅も多かったですね。
日本列島は、全国的に地震の活動期に入っているといわれています。
いつ起きてもおかしくない東海地震は、今月になって国の地震調査研究推進本部(本部長:文部科学大臣)からは、今後30年に発生する確率が87%と修正の発表がありました。
「まだ、何も備えもしていません」というのんびりしたことを言っている人が減るようにご協力ください。
「後悔先に立たず!」「備えあれば憂いなし!」です。

シリーズ4 防火の心得!

防火の心得!
火災を発見したら消防局119に通報ですね。救急か消防かと聞かれますが、落ち着いて話し、場所も正確に伝えましょう!
ストーブの転倒やてんぷら油の過熱などで火が出た場合

  • 消火器を使いましょう。一般的には炎が天井付近に達するまでには、消火器で消すことができます。天井に燃え移ったら逃げること。
  • 初期消火は非常に重要ですが、一人だけで火を消そうとして、有害な煙などの吸い込んでしまったら、とても危険です。余裕がなければ大きな声で回りにいる人を呼びましょう。(消火器1本は約15秒程度です)
  • できる限り応援を呼び、「消火する人」「避難誘導する人」「延焼を防止するために燃えそうなモノをどかす人」「消防署に連絡するなどさらなる応援を呼ぶ人」と、役割分担を決めるなど「もしも」に備えて消火活動をしましょう。
◆すべての住宅に住宅用火災報知器の設置が必要となります。
消防法の改正により、名古屋市の火災予防条例が一部改正され、すべての住宅(寝室、台所など)に住宅用火災報知器の設置が義務付けられました。
  • 新築住宅:平成18年6月1日から設置が必要となります
  • 既存住宅:平成20年5月31日までに設置が必要となります。

シリーズ5 地震発生! その時どうする?

地震発生! その時どうする?
東海・東南海地震が明日起きたら、あなたはどうしますか?
そんな時、必ずしも今までの常識が通用するとはいえません。
落ち着いて、臨機応変に行動することが大切ですね。

  • 家の中にいたら・・・身を守る 頭を保護する
  • 集合住宅の中にいたら・・・避難口のドアや窓をあける
  • デパートやスーパーの中にいたら・・・柱や壁際に身を寄せる
  • 路上にいたら・・・両側建物から離れて空き地などへ移動する
  • 電車など車内にいたら・・・乗務員の指示を待つ
  • 車を運転中だったら・・・左に寄せて止まりカーラジオを聞く
  • 海岸付近にいたら・・・高台へ避難する
余震には厳重な注意が必要です。
時には本震と同じ規模の揺れになることもあります。

シリーズ6 地震発生時の行動マニュアル

地震発生時の行動マニュアル
大地震発生!ゴトゴトの立て揺れ後にユサユサの大きな横揺れは約1分
地震時の行動

  • 落ち着け!
  • 身を守れ!
  • 火を消せ!
  • 玄関を開けろ!
  • 家族は大丈夫か!
避難時の行動
  • 靴を履く!
  • 非常持出品!
  • ガスの元栓を閉めろ!
  • 電気のブレーカーを切れ!
  • 行き先メモを玄関内に!
地域でのあなたの役割は?
  • 自分たちの町は 自分たちで守る!
  • 災害時要援護者に 心づかいを!
  • みんなで災害に 立ち向かおう!
  • ラジオで 正しい情報を!
  • こわれた家に 入るな!

シリーズ7 枕元に何を置いておくか!

枕元に何を置いておくか!
深夜に大地震発生!眠っていたあなたの枕元には何が備えてありますか!
(電気・ガス・水道・電話は全部ストップし、真っ暗闇の中で・・・)
懐中電灯

  • 明かりがあると落ち着きます。
  • 乾電池が切れていないか時々点検!電池が不要のものも便利です。
携帯ラジオ
  • 海辺でなければ(津波から逃げる)、まず情報収集しましょう。
  • 乾電池が切れていないか時々点検!電池が不要のものも便利です。
  • 壊れた家や転倒した家具に閉じ込められたとき、合図に効果的。
  • ホコリだらけの中で、大きな声は1時間も出し続けられません!
厚底スリッパ
  • 屋外に出るには、割れたガラスや食器などが飛散しているかも。
  • 足の裏が血だらけでは、家族や近所も助けられない!
このほか、あなたは何を用意しておきますか?
ヘルメット(防災頭巾)、タオル、軍手、財布、携帯電話・・・・・

シリーズ8 耐震診断費用の助成制度がスタート!

鉄筋・鉄骨等のマンション・アパートに耐震診断費用の助成制度がスタート!
阪神・淡路大震災では、死亡者の約84%は家屋の倒壊などによる圧死!
補助対象建物

  • 昭和56年5月末までに着工の非木造の共同住宅(分譲・賃貸)
  • 住宅以外の用途が延べ面積1/2未満であること
補助内容
いずれかのうち一番低い額が、名古屋市から補助される。
  • 実際の耐震診断費用の2/3
  • 住戸1戸あたり5万円
  • 延べ面積による診断費用(下表より算定)の2/3
延べ面積 1m2あたりの診断費用
1,000平方メートル未満 2,000円以内
1,000平方メートル以上~2,000平方メートル未満 1,500円以内
2,000平方メートル以上 1,000円以内
※耐震診断実施前に申請が必要です
申請者
  • 分譲:管理組合(議決書か議事録の写しが必要)
  • 賃貸:建物の所有者(借家人の同意書が必要)
申請の締め切り
  • 平成18年12月28日(木)
事前の相談先 名古屋市役所 建築指導課 耐震対策係 TEL052-972-2921

シリーズ9 マグニチュードと震度の違いは!

マグニチュードと震度の違いは!
マグニチュードとは、地震そのものの規模を表す単位
震度とは、その場所ごとの揺れの強さを表す単位
どちらも5とか6という数字なので間違えやすいのですが、原因と結果の関係です。

  • 同じ地震でも震源から距離が遠ければ、当然に震度は低くなります。
  • 東海・東南海地震では、守山区は大半が震度5強か震度6弱に!
  震度5強 震度6弱
人間 非常な恐怖を感じる。多くの人が行動に支障を感じる。 立っていることが困難になる。
屋内の状況 棚にある食器類、書棚の本の多くが落ちる。テレビが台から落ちることがある。タンスなど重い家具が倒れることがある。一部の戸が外れる。 固定していない重い家具の多くが移動、転倒する。開かなくなるドアが多い。
屋外の状況 補強されていないブロック塀の多くが崩れる。据え付けが不十分な自動販売機が倒れることがある。多くの墓石が倒れる。自動車の運転が困難となり、停止する車が多い。 かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。
木造建物 耐震性の低い住宅では、壁や柱がかなり破損したり、傾くものがある 耐震性の低い住宅では、倒壊するものがある。耐震性の高い住宅でも、壁や柱が破損するものがある。
鉄筋/コンクリート/造建物 耐震性の低い建物では、壁、梁、柱などに大きな亀裂を生じるものがある。耐震性の高い建物でも、壁などに亀裂が生じるものがある。 耐震性の低い建物では、壁や柱が破壊するものがある。耐震性の高い建物でも、壁、梁、柱などに大きな亀裂が生じるものがある。

シリーズ10 災害用伝言ダイヤル 171(いない)を利用しましょう!

災害用伝言ダイヤル 171(いない)を利用しましょう!

災害が起こると電話がつながりにくくなりますが、家族間や知人間の安否確認等の連絡には役に立ちますよ。(NTTとの事前契約などは一切不要です。) 使い方は簡単、171とダイヤルし流れてくるガイダンスに従うだけ! 伝言の録音方法
1 7 1 ⇒ 1 (052) × × × - × × × ×
・・・・市外局番から自宅の番号をダイヤルする!
伝言の再生方法
1 7 1 ⇒ 2 (052) × × × - × × × ×
・・・・市外局番から自宅の番号をダイヤルする!

  • 利用可能な端末: NTTの一般電話、公衆電話、携帯電話
  • 録音時間: 1伝言 30秒以内
  • 蓄積伝言数: 1電話番号あたり1~10伝言
  • 伝言保存期間: 2日間(48時間:自動消去)
毎月1日にテストができます。家族で試してみましょう!
携帯電話による災害用伝言板サービスも体験してみよう!

シリーズ11 東海地震 警戒宣言発令までの流れ

東海地震 警戒宣言発令までの流れ

気象庁の24時間観測体制で異常値が発見されると、次の情報が発表されます 1. 東海地震観測情報
基準・・・・ しばらく様子を見ないと評価困難(歪計1か所で有意な変化等があった場合)
対応・・・・ 平常時と同様に過ごして下さい。テレビ・ラジオなどからの情報収集を
2. 東海地震注意情報
基準・・・・ 前兆現象の可能性が高まった(歪計2か所で有意な変化があった場合)
対応・・・・ 外出時はできるだけ速やかに帰宅(この段階は公共交通機関が動いている)
学校は授業が中止、児童・生徒は下校。自宅にいる場合はテレビ・ラジオなどからの情報収集を。不用意に出歩かない。避難所は未開設。家の中の整理。火の始末。動きやすい服に着替える。非常持出品の確認・準備。
3. 東海地震予知情報
基準・・・・ 東海地震発生の恐れがあると判断(歪計3か所で有意な変化があった場合)
ほぼ同時に警戒宣言が発令され、本格的な防災体制が敷かれる
対応・・・・ 地下鉄・市バスは最寄りの駅に停車する。徒歩帰宅者に市の施設や小中学校等で飲料水、トイレ・休息場所の提供、帰宅経路案内など受けられる。自宅にいる場合は安全な場所で身を守りテレビ・ラジオなどからの情報収集を。
不必要な火を使わない。避難の場合は電気ブレーカーとガスの元栓を切る。

予知困難で警戒宣言なしに地震発生もありうるょ!!

シリーズ12 東海地震 警戒宣言が発令されたら

東海地震 警戒宣言が発令されたら

●正確な情報をつかむ
●火はなるべく使わない(使用中は離れない)
●身を守る安全な場所の確保
●水をためる(消火・生活用水の準備)
●脱出口など避難路の確保・確認
●自動車・電話はなるべく使わない

避難 ・耐震性が確保された自宅やビルの中で待機など安全な場所で行動
・避難対象地区の方は、指定されている避難地(原則屋外)へすみやかに避難
ライフライン ・飲料水、電気、ガスは供給継続
電話 ・一般通話の利用制限あり(「災害用伝言ダイヤル171」が使用できる)
鉄道・地下鉄 ・最寄りの安全な駅に停車
・震度6弱未満、津波なしの地域では、安全運行可能と判断されると運行継続
※JR東海の新幹線:名古屋-新大阪間の運行は継続
バス・タクシー ・運行中止(安全な場所に停止し、旅客に避難地を教示)
船舶 ・入港制限、港内停泊中の船舶の移動
一般道路 ・走行は極力抑制
・流入を極力制限(流出は制限なし)
・避難路、緊急交通路を確保
高速道路 ・インターチェンジからの流入制限(流出は制限なし)
・避難路、緊急交通路を確保
金融機関 ・一部のオンライン稼動を除き営業停止
・普通郵便局、集配特定郵便局は郵便貯金の払渡しの窓口取り扱い(通常の営業時間内で)を行う
百貨店等 ・原則営業中止、耐震性を有するなど安全性が確保される場合は営業継続可
※コンビ二、スーパーの営業を要請
病院 ・原則外来診療中止、耐震性を有する病院は診療を継続可
学校 ・東海地震注意情報の発表で授業中止、児童、生徒等は下校(保護者引渡し)
県・市の施設 ・県民、市民利用施設は東海地震注意情報の発表で原則閉館する
大規模地震に備えよう!

シリーズ13 お宅の備えは大丈夫ですか!

07.3.25能登半島地震 07.4.15三重県中部に地震
・・ そろそろ名古屋にも突然 大地震が・・・・


● 被災後、都会の暮らしで一番困るのは?
トイレ、水(1日3Lを最低3日分)

● 枕元には何を準備しておけばよいのか?
懐中電灯、携帯ラジオ、厚底スリッパ、笛

● 非常時とりあえず持ち出すものは?
答え:

● 会社の父さん、学校・幼稚園の子ども、通院中のおばあちゃんとどこで合流?
答え:

● 携帯電話が不能のとき、誰にどのような方法で連絡しますか?
答え:

● 電気、ガス、水道、電話が止まっている中で生活するには?
答え:

● 隣近所の人たちを救助するための道具はどこに何が?
答え:

備えが進まない理由の一つに「防災用品が高い!」というのがあります。《100円ショップで見つけた防災グッズ》を参考にしてね!
100円ショップで見つけた防災グッズ
大地震への備えが進まない理由の一つに、「防災用品が高い!」というのがあります。

家具の転倒防止に 型金具・ゲルマット・家具転倒防止シート・食器戸棚用ストッパー
枕元に 懐中電灯・携帯ラジオ・厚底スリッパ・笛
防災用品 携帯トイレ・防塵マスク・スモークガード・非常用ポリタンク3L・皮手袋・保温シート
食料品・食器 水500ml・クラッカー・飴・インスタント味噌汁・缶詰・箸・スプーン・フォーク・ カップ・爪楊枝
燃料・照明器具 非常用ろうそく・ロウマッチ・着火ライター・固形燃料・予備電池
避難所用に アイマスク・耳栓・ぬれタオルからだふき  歯ブラシ・歯磨き粉・くし・ダイヤル錠
衣類 シャツ・パンツ・靴下・手袋・バンダナ・レインコート・小物入れ袋
衛生材料 救急絆創膏・ウエットティッシュ・ガーゼ・綿棒・サージカルテープ・爪切り  毛抜き・包帯・マスク・熱・冷却シート
日用品 タオル・石鹸・シャンプー・リンス・ハンカチ・ポケットティッシュ・カッターナイフ・ヘアブラシ・トイレットペーパー・ゴミ袋・T字カミソリ・はさみ・セロテープ・時計
便利品 ラップ・ゴム手袋・安全ピン・スポンジ・輪ゴム・洗濯ばさみ・裁縫セット ビニールひも・ハンガー・ポリ袋(マチ付き)・ガムテープ・拡大鏡・レンズふき・ドライバーセット・反射バンド・名札入れ
文房具 ノート・4色ボールペン・油性ペン・バインダークリップ・目玉クリップ
季節に応じて 扇子・携帯カイロ・虫除けスプレー
救助用に 折込のこぎり
非常持出品の準備は大丈夫ですか?

シリーズ14 知っておこう! 活断層

知っておこう! 活断層

●日本には陸域で約2000の活断層があるといわれています。
●活断層とは第四紀(約200万年前)から現在までの間に繰り返し活動して地震を引き起こした断層で、今後も活動する可能性の高い断層のことをいいます。
●活断層では、通常約千年から数万年に一回の割合で地面がずれますが、そのときに地震が発生します。
●愛知県内には現在30程度の活断層が存在しているといわれています。
●活断層は、地表に大きなずれが現れていることが多くあり、活断層の位置を探る場合、航空写真を判読したり、断層の上を軟らかい堆積物が覆っている場合には、物理探査やボーリング調査をしたりして位置が調べられます。
●地震が発生した場合、被害がおよぶ範囲は活断層線の上だけではありません。地震動の強さは、断層より離れたことによる差よりも、むしろ地盤の違いによる差の方が大きいです。また、阪神・淡路大震災では断層面から幅数キロにわたって周囲に被害がおよびました。活断層線の上だけが危険というわけではないので注意して下さい。

シリーズ15 災害に関するメールによる情報提供サービスを利用しよう!

災害に関するメールによる情報提供サービスを利用しよう!

名称 メールマガジン「避難勧告通知サービス
実施 中部電力
内容 携帯メールに次の情報が配信されます

●避難勧告情報 名古屋市が災害緊急情報として発表する「避難勧告」および「避難勧告準備情報」を市のホームページに掲載するのと同時に一斉に配信されます
●防災情報 防災に役立つ情報が定期的(月1回程度)に配信されます
●利用方法 申し込みは、m.saigai@cep.jpへ空メールを送信し、返信メールから購読の申し込みをします。このサービスへの入会および利用は無料です。 (ただし、通信に係わるパケット代金は利用者負担となります。) ※注意  メール受信制限をされている方は[@cep.jp]ドメインのメールを受信できるように設定が必要。

シリーズ16 緊急地震速報が この秋(10/1)、スタート!

緊急地震速報がこの秋(10/1)、スタート!

地震による強い揺れを事前にお知らせする新しい情報サービスです。

●実施主体は? 国土交通省 気象庁
●どんな地震? 震度5弱以上と推定した地震
●知らせる方法は? テレビやラジオなど
●知らせる内容は? 震度4以上となる地域の名前を発表
○しくみは? 震源近くで地震(P波、初期微動)をキャッチし、位置、 規模、揺れの強さを自動計算して、強い地震(S波、主要動)が始まる数秒~数十秒前に素早くお知らせするものです。
ただし、震源に近い地域では「速報」が強い揺れに間に合わないことがあります。
●利用方法 申し込みは、m.saigai@cep.jpへ空メールを送信し、返信メールから購読の申し込みをします。このサービスへの入会および利用は無料です。
(ただし、通信に係わるパケット代金は利用者負担となります。) ※注意  メール受信制限をされている方は[@cep.jp]ドメインのメールを受信できるように設定が必要。

緊急地震速報「利用の心得」
強い地震が来るまでの短い時間に、身を守る行動が必要!!
家庭では・・・・頭を保護し丈夫な机の下へ。ドアを開ける。火を消す。
鉄道・バス乗車中は・・・・つり革、手すりにしっかりつかまる。
屋外(街)では・・・・ブロック塀の倒壊、看板やガラスの落下等に注意。
エレベーターでは・・・・最寄りの階で停止させすぐに降りる。
自動車運転中は・・・・あわててブレーキをかけない。ゆっくり停止。

シリーズ17 「お・は・し・も」 はいのちを守るあいことば!!

「お・は・し・も」 はいのちを守るあいことば!!

ぐらぐらっと 地震がやってきたとき
「きゃーっ」と怖いが あわてずに
机の下で「だんごむし」に
安全なところへひなんのときは
お ・・・ おさない
は ・・・ はしらない
し ・・・ しゃべらない
も ・・・ もどらない
あわてず さわがず おちついて 
「おはしも」 を まもって さぁにげよう!
●小さい子たちも 地震に負けない力を 身につけよう●

シリーズ18 知っておきたい応急手当(止血)

知っておきたい応急手当(止血)

1傷口を圧迫する(直接圧迫止血法)
きれいなガーゼやハンカチを傷口に直接当て、血が止まるまで手で強く圧迫する。
大きな血管からの出血の場合で片手で圧迫しても止血しないときは、両手で体重を乗せながら圧迫止血をする。

<ポイント>
止血の手当てを行うときは、感染防止のため血液に直接触れないように注意する。ビニール・ゴム手袋やビニールの買い物袋を利用するとよい。

2止血帯を巻く(止血帯法)
手足の太い血管損傷による出血や骨折などで、直接圧迫止血法では止血が困難な場合に行います。
巻き方は、①傷口より心臓に近い部分をタオルやスカーフなどでかたく結び、②棒などを結び目に差し込み、回転させて締め上げて固定する。
止血帯は、できるだけ幅の広いもの(3cm以上)を用いる。30分以上続ける場合には、30分に1回止血帯をゆるめ、血流の再開を行う(巻いた時間を書いておくとよい)。

シリーズ19 知っておきたい応急手当(骨折)

知っておきたい応急手当(骨折)

1 骨折の部位を確認する

  • どこが痛いか聞く。
  • 痛がっているところを確認する。
  • 出血がないかを確認する。
<ポイント>
  • 確認する場合は、痛がっているところを動かしてはならない。
  • 骨折の見分け方
    ケガをしたところが不自然に変形している。
    はれて痛みが激しい。
    骨が突き出している。
  • 骨折の疑いがあるときは骨折しているものとして手当てをする。
  • 2 患部を固定する
    • 添え木をあて、骨折した部分の上と下の間接を固定して、患部がずれないようにする。 添え木は板、かさ、ダンボール、雑誌などでもよい。
    <ポイント>
    • 添え木は、骨折部分の上下の間接が固定できる長さのものを準備する。
    • 固定するときは、傷病者に知らせてから固定する。

    シリーズ20 熱傷(やけど)をしたら

    熱傷(やけど)をしたら

    比較的軽いやけどであれば、できるだけ早く、水道水などきれいな冷水で15分以上痛みが無くなるまで冷やす。十分冷やしてからきれいなガーゼを当て、三角巾や包帯などをする。
     熱傷(やけど)は、熱湯、蒸気、火災等の他にも、酸・アルカリなどの化学薬品や電気などでも起きます。やけどの程度は、やけどの深さや広さなどで判断されます。

    <ポイント>

    • 靴下など衣類を着ている場合は、衣類を身につけた状態のまま冷やし、注意しながら衣類を脱がす。脱がせにくい場合は、はさみで切る。ただし、皮膚と衣服が癒着している場合は無理にはがさない。
    • 水疱を破らないように注意する。水疱が破れると感染を起こしやすくなる。
    • やけどが広い範囲のときは冷水での冷やしすぎに注意すること。
    • 応急手当が終わったら医師の治療をおすすめします。

    シリーズ21 覚えておきたい心肺蘇生法

    覚えておきたい心肺蘇生法

    1. 反応の確認
      傷病者に近づき、耳もとで「大丈夫ですか」などと声をかけ、両肩を軽くたたき、意識の有無を確認する。
    2. 助けを呼ぶ
      意識がなければ大きな声で、119番通報を依頼する(反応・意識がないことも伝える)。AEDを持ってきてもらうよう依頼する。近くに医者がいたら来てもらうよう依頼する。必要に応じ多くの人を呼んできてもらうよう依頼する。
    3. 気道の確保
      意識を失うと、舌がのどの奥に落ち込んで空気を肺まで通す「気道」がふさがれてしまいます。まず、口の中に異物があれば除去し、次に片手を傷病者の額に当て、もう一方の手の人差し指と中指を下あごの先にあてて、あごを持ち上げ頭を後方にそらせます。
    4. 呼吸の確認
      気道の確保をしたまま、傷病者の口元に自分のほほと耳を近づける。目で胸や腹部の上下の動きがあるか、呼吸する音が聞こえるか、吐く息が感じられるかを10秒以内で確認する。 呼吸がなければ人工呼吸を開始する。
    5. 人工呼吸
      気道を確保したまま傷病者の鼻をつまみ、口を大きく開けて傷病者の日を覆い、息をゆっくりと1秒かけて傷病者の胸が盛り上がるのを確認する。うまく人工呼吸ができたときは、息で盛り上がった胸が、口を離したときに沈んでいくのがわかる。(感染予防のため、人工呼吸用具を使用する。)
    6. 意識も呼吸も脈もない場合
      胸部圧迫(心臓マッサージ)を行う。平らな場所に仰向けに寝かせ、救助者はその横わきに両膝立ちの姿勢を取る。 次に、胸の真ん中を、両手を重ねて「強く、速く、絶え間なく」圧迫する。 乳頭と乳頭の間に片方の手のひらの付け根を置き、その上にもう一方の手のひらを重ね、両ひじを伸ばし、毎分100回の速さで30回続けて圧迫し、人工呼吸を2回行う。この組み合わせ(30:2)を、救急隊員に引き継ぐまで絶え間なく続ける。


    ※人工呼吸及び胸部圧迫は訓練を受けてから行うことが大切です。消防署の応急手当講習会などの機会を利用し、知識と技術を身に付けましょう。

    シリーズ22 AEDとは「自動体外式除細動器」です!

    AEDとは「自動体外式除細動器」です!

    ○ 簡単に言うと
     倒れた人の呼吸、心臓が止まっていたらすぐに心肺蘇生法を始めますが、胸部圧迫(心臓マッサージ)の途中に、AEDを使用して電気ショックを行います。
     AEDとは、心臓が小刻みに震えている(血液を全身に送り出せない)状態の時、震えを止め、心臓が規則正しく動き出すようにするための医療機器です。

    ○ AEDの使い方
     AEDはコンピューターにより自動的に傷病者の心臓の状態(電気ショックが必要かどうか)を解析し、必要な状態であればショックボタンを押すように音声による指示を出します。
     AEDの音声指示に従えば簡単・安全に電気ショックの操作ができます。一刻も早く行うことで、救命の可能性が高まります。

    ○ 操作の手順
     AEDのふたを開け電源を入れる。電極パッドを袋から出し、電極パッドの絵のとおり胸部にしっかり貼り付ける。傷病者から離れるように音声が流れたら誰も触れていないことを確認する。ショックボタンを押すように指示があればボタンを押す。電気ショック後はすぐに胸部圧迫を行い、次の音声指示を待つ。


     注意点

    • 年齢が1歳以上の場合に使用でき、8歳未満は小児用のパッドを使用します。
    • 電極パッドは効率よく電気を流すためしっかり密着させる必要があります。
    • 以下のような場合は、障害物を除去します。 ●胸部が水や汗で濡れている ⇒ タオル等でふき取る
      ●胸に貼り薬がある ⇒ はがして薬剤をふき取る
      ●心臓ペースメーカーが埋め込まれている ⇒ 3cm程度離して電極パッドをはる
      ●胸毛が濃い ⇒ パッドで体毛を除去し、新しい予備のパッドをはる
      ●金属製のアクセサリーがある ⇒ はずす
    • AEDが心電図を解析し「ショックは不要です」などの音声指示が出た場合、直ちに胸部圧迫を行う。

    シリーズ23 愛知で直下型地震があれば

    愛知で直下型地震があれば

    政府の中央防災会議専門調査会は、5/14に中部圏で最悪の内陸直下型地震(M7.6 最大震度7)が起きた場合の想定結果を発表した。 豊田市から西尾市に伸びる「猿投-高浜断層帯」(推定延長51km)!

    1. 被害総額
      名古屋を中心に総額約33兆円(建物・家財道具25兆円、間接被害約8兆円)
      30万棟が倒壊。
    2. 死者数
      1万1000人。うち9300人は下敷き、火災で1400人、地滑りで400人
    3. 避難者
      愛知県を中心に約250万人
    4. 避難所生活者
      158万人  1か月後でも102万人
    5. 中高層ビルでのエレベーター内の閉じ込め被害
      日中の事務所 4300人
      朝の住宅 1000人
    6. 帰宅困難者
      正午に地震が起きた場合77万人
    7. ライフライン
      上水道断水は県民の56%に当たる400万人。4日後120万人。ほぼ復旧に1か月。
      下水は県民の21%に当たる91万人。20日後に80%まで復旧
      停電は全世帯の1/3を超える140万戸。ほぼ復旧は6日後。また、ガスは70日後。
      固定電話回線の14%に当たる130万回線が不通。ほぼ復旧は15日後
    8. 交通
      県内の高速道路10か所で倒壊等。国道、県道、市町村道で300か所長期間通行止め。
      鉄道は新幹線10か所、その他10か所で高架橋などに大被害
      名古屋港岸壁の28%に当たる80か所と衣浦港の76%の60か所に被害
      交通寸断の影響額は3.9兆円。人員約6600人、物流4千万トン相当に影響。

    シリーズ24 大地震の外国人支援

    大地震の外国人支援

    人口の約3%、6万5千人を超える外国籍住民が暮らす名古屋市。
    東海・東南海地震が起こったとき、外国籍住民も被災者になりえます。
    [阪神・淡路大震災]のとき、外国人は日本人の死亡率より1.3倍も高かった。

    • 被害が最大だった地区に、多くの留学生が住み、古い木造住宅など住環境が悪かったなど
    [地震がほとんどない国]
    • ブラジル、ドイツ、オーストラリア、スウェーデン、シンガポール、タイ、マレーシアなど
    [外国人の困りごと]
    • 日本語が不十分で、地理や災害に対する知識が低くて、正しい情報が得られなかった
    • 避難所の場所や救援の仕組みが理解できず、掲示は日本語だけで状況が把握できなかった
    • 発生直後、地震と分からず、テロ・爆弾かと混乱するなど、心理的動揺が激しい人もいた
    • 避難所で言葉と文化のギャップから日本人との共同生活ができなかったなど>
    [広がる支援]
    • 名古屋国際センター 災害語学ボランティアの養成と登録
    • 多言語での「防災パンフレット」の作成・配布
    • 各種標識の外国語の併記など
    2008年10月25日(土)・26日(日) オアシス21・もちの木広場で開催される
    「ワールド・コラボ・フェスタ2008」~世界大交流祭~ 外国人向け防災教室を実施します!

    シリーズ25 名古屋市の「定点観測システム」に参加しよう!

    名古屋市の「定点観測システム」に参加しよう!

    ○ 定点観測システムとは
     風水害や地震により、市内に災害が発生し、または発生の恐れがある場合、市民(定点観測者)がボランティアとして協力し、道路状況や被害状況などをインターネットにより市災害対策本部に通報するシステムで、災害全体像の早期把握と初動対応の迅速化を図るもの

    ○ 情報提供する時期
    ・ケース1
    玄関先の道路に水が溜まり始めたとき。(水の深さ、水位の変化)
    ・ケース2
    強い地震が起こり、テレビ等で市内の震度が4以上の報道があったとき。
    (自宅、周辺建物の状況、火災の発生など)
    ・ケース3
    市災害対策本部から情報提供を求められたとき。
    ○ 情報の提供方法
    ・名古屋市公式ウェブサイトのトップページから災害状況報告(定点観測)シートの画面を開き、必要事項を記入の上、最下段の送信ボタンをクリックする。
    http://www.city.nagoya.lg.jp/bousai/cgi-bin/teiten.cgi
    ○ システムへの事前登録方法 (常時募集中)
    teikyo@fd.city.nagoya.lg.jp へ、郵便番号、住所(定点)、氏名、電話番号、Eメールアドレス(パソコン用)を記載して送信する。・・・携帯電話のメールアドレスはダメ! ・システムから登録完了メールが届いたら、情報送信ができます。

    ○ 定点観測者数  (平成20年10月31日現在)
    一般市民 668人 事業者217人   計898人
    ○ その他
      年2回の情報送信訓練が行われる。

    シリーズ26 大地震のときの心得!  再確認

    大地震のときの心得!  再確認

    ○ テーブルや机の下に身をかくし あわてて外へ飛び出すな!
     家の中にいるときに大きな揺れを感じたら、まず丈夫なテーブルや机の下に隠れて身の安全を確保し、あわてて外に飛び出さない。

    ☆ 大地震1分過ぎたらまず安心!
     地震の揺れは長くても1分過ぎたらおさまる。しかし高いビル内は数分になることもある。
     火の始末はやけどをしないように落ち着いておこなう。

    ▲ テレビやラジオをつけて 地震の情報を!
     地震が起きたら、テレビやラジオをつけて気象台等が発表する津波警報・注意報や地震に関する情報を入手する。

    @ 海岸でグラッときたら 高台へ!
    海岸にいるときに大きな揺れや長い時間ゆっくりとした揺れを感じたら、津波の恐れがあるので直ちに高台へ避難する。

    □ 近づくな 自動販売機やビルのそば!
    野外で大きな揺れを感じたら、看板の落下、ビルの窓から割れたガラスの落下、ブロック塀や自動販売機などの倒壊に注意する。

    ★ 気をつけよ 山崩れと崖崩れ!
    切り立った崖のそばや地盤の軟弱な傾斜地などで大きな揺れを感じたら、山崩れ、がけ崩れの恐れがあるので注意する。

    ◎ 避難は徒歩で 荷物は最小限に!
    車での避難は、渋滞に見舞われ防災活動や避難の妨げとなる恐れがあるので、持ち物は最小限にして徒歩で避難する。

    ◆ 余震が起きてもあわてずに 正しい情報に従って行動を!
    大地震のあと、余震がしばらく続く場合があるので注意する。また、災害時には、未確認の情報がデマとなり混乱を招く場合があるので、正しい情報を入手して行動するようにする。

    ※ 不意の地震に 日頃の用意!
    地震は突然襲ってくる。常日頃から避難方法・場所や医療機関などを確認しておく。また、携帯ラジオ、懐中電灯などの防災用品を普段から用意し点検しておく。

    シリーズ27 地名で分かる地盤の強度判断!

    地名で分かる地盤の強度判断!

    名古屋大学院の調査から(朝日新聞09.01.16)

    地震の被害を左右する地盤の良し悪しは地名の漢字で判断ができます。
    ■ 良好な地盤と推定される漢字の例


    漢 字

    由 来

    山、尾、根、岳、峰、嶽、嶺

    山地

    喜多山、東山

    岡、丘、台

    台地

    本地が丘、

    坂、阪

    傾斜地

    茶屋が坂、梅森坂

    岩、磐

    地質

     

    森、林

    森林

    大森

    山の生物

    猪子石、猪高町

    高、上

    高低

    高針

    ■ 軟弱地盤と推定される漢字の例


    漢 字

    由 来

    崎、岬

    みさき

    本星崎町

    浜、洲、州、潟

    海・海岸

    浜田町、下浜

    島、岸、淵

    水辺

    月島町、枇杷島

    入、浦

    入り江

    浦里

    谷、窪、袋

    くぼ地・低湿地

    汁谷

    川、河、江、瀬、沢、渓

    河川

    古沢町、大江、

    池、沼

    湖沼

    大池町、池下、今池

    堤、橋、津、港、井、舟、船、堰、渠、田

    人工物

    上前津、向田町
    港楽、船見町

    砂、泥、巌、瀉

    地質

    砂田橋

    萩、蓮、竹、蒲、荻、芦、菅、葦、葭、蘆

    水辺植物

    芦辺町
    萩原町

    農作物

    稲永

    鶴、鴻、鷺、鴨、雁、鵜、鵠、鳰、鷭、鴾

    水鳥

    鴨付町
    鴻の巣

    貝、亀、魚

    水生生物

    亀島

    新築の場所選び、既存の場合の耐震補強の目安、引越し先選択の判断材料に!

    シリーズ28 大雨の水害に注意しよう!

    大雨の水害に注意しよう!

    ○ 台風やゲリラ豪雨など水による被害を防ぐには!
    これまで「水による被害」とは台風のように、各地での河川の氾濫、低 地の浸水、山崩れ、がけ崩れなどの災害発生が一般的でした。
    昨年夏の「平成20年8月末豪雨」では、「内水氾濫」という下水の排水能力を超える大きな水溜りが各地に発生し、市内で1,000軒以上の床上浸水が発生しました。

    ○ 雨の強さと降り方 

    一時間雨量

    気象予報用語

    受けるイメージ

    人への影響

    屋内(木造)

    屋外の様子

    12~20ミリ

    やや強い雨

    ザーザーと降る

    跳ね返りで足元がぬれる

    話し声が良く聞き取れない

    地面一面に水たまりができる

    20~30ミリ

    強い雨

    どしゃ降り

    傘をさしていてもぬれる

    寝ている人の半数くらいが雨に気がつく

    30~50ミリ

    激しい雨

    バケツをひっくり返したように

    道路が川のようになる

    50~80ミリ

    非常に激しい雨

    滝のように降る
    (ゴーゴー続く)

    傘は全く役に立たなくなる

    水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる

    80ミリ以上

    猛烈な雨

    息苦しい圧迫恐怖感を感じる

    ○ 名古屋市の緊急的な雨水整備計画
    上下水道局では8月末豪雨を受けて、このたび緊急整備計画を1月に発表した。

    ◆計画目標
    今回著しい浸水被害を受けた地域を、1時間60ミリの降雨に対応する施設整備を行う。過去最大の1時間97ミリ(東海豪雨時)に対し床上浸水の概ね解消を目指す。

    ◆事業実施
    千種、東、北、西、中村、中川、港の一部地域に貯水設備、貯水管、ポンプ所新設、管きょ増強など計画的に整備していく。

    シリーズ29 もしも、地震が起きたら!その1

    もしも、地震が起きたら!その1

    家の中のポイント 
    ○ まずわが身の安全!
     倒れやすい家具や本棚から離れ、丈夫なテーブルや机の下に隠れる。また、トイレや風呂場、押入れの中は比較的、安全。

    ○ 「揺れたら火を消せ」は昔の話
    最近のガスコンロや暖房器具は自動停止します。揺れているときに火元に近づくのはやけどの危険があります。まずは身の安全を確保しましょう。消火・点検は揺れがおさまってから。

    ○ 火事はみんなで初期消火
    「火事だ!」と大声で叫び、となり近所にも協力を求める。消火の備えや訓練を怠らずに。

    ○ 正しい情報収集を
    携帯ラジオを備えておき、デマ情報に惑わされず、正しい情報で的確な行動を。

    ○ あわてて外に飛び出すな!
    どんな大地震でも、激しい揺れは最初の1~2分程度。あわてて外に飛び出すと、瓦やガラスなどの落下によりかえって危険。

    ○ 戸を開け、まずは出口の確保
     マンションなどは出口が一つなので、火災に備え避難路を確保することも重要。

    シリーズ30 もしも、地震が起きたら!その2

    もしも、地震が起きたら!その2

    出中のポイント
    ○ デパートやスーパーにいたら
    1 店員の指示に従って行動する。
    2 エレベーターは使わない。
    3 階段や出口に殺到しない。

    ○ 街にいたら

    1 窓ガラスや看板などの落下物に注意し、バックなどで頭を保護し安全な場所に避難する。 2 ブロック塀や自動販売機、電柱や垂れ下った電線には近づかない。

    ○ 車を運転していたら
    1 急ブレーキをさけ、道路の左側に車を止める。
    2 カーラジオで情報を聞き、規則に従って行動する。
    3 避難する時は、エンジンを止めてキーをつけたままで。
    (ドアロックもしない)

    ○ 地下街にいたら
    1 地下街は地震に比較的強いので落ち着いて行動する。
    2 係員の指示に従って行動する。
    3 階段や出口に殺到しない。

    ○ 海岸や河口付近にいたら
    1 地震を感じたら津波に備え、すぐに高台などに避難する。
    2 正しい情報をラジオ・広報車などを通じて入手する。

    ○ 電車や地下鉄、バスに乗っていたら
    1 つり皮や手すりなどにしっかりつかまる。
    2 荷物棚からの落下物に注意する。
    3 あわてて降りたりせず、乗務員等の指示に従って行動する。